チャットワークとツイッターを連携して、ツイートされる度にチャットワークにも送ってみる。

2017.09.29

こんにちは。フロントエンジニアの人見です。
最近釣りにはまっており、今日も夜から釣りに行きます。

さて、みなさんの会社はどのようなチャットツールを使用していますか?
業務で使うチャットツールといえばslackとかチャットワークが有名ですね。
バンクトゥでは、もっぱらチャットワークです。

そんな毎日チェックするチャットワークで自動的に情報収集できたら、マジ時短じゃねぇ!?

ということで、情報収集によく使うツイッターとチャットワークを連携させます。
今回はZapier(ザピアー)という連携ツールを使用し、ツイートされる度にチャットワークにもメッセージが届くようにします。

1.チャットワークAPIを取得する

以下からチャットワークAPIを申請します。
http://developer.chatwork.com/ja/

申し込みが完了したら、APIが利用できるまで待ちます。
早くて数時間後、遅くて1〜2日後ぐらいにメールが届きます。

チャットワークAPIの利用が可能になったら、メニューの動作設定からAPIを発行できます。
170929_01.jpg

発行されたAPIをコピーをします。
170929_02.jpg

2.ツイッターbotを選ぶ

テストのため適度につぶやく丁度いいbotを見つけました。
にゃんちゅうです。
期待を裏切らない吠えぶり。


3.Zapierのアカウント作成

Zapierとは、アプリやサービスなどを連携させて自動化できるツールです。
今回はツイッターとチャットワークを連携しますが、他にも
GoogleドライブとDropboxを同期したり、
Evernoteで書いた記事をwordpressに投稿できたりします。

以下からZapierのアカウントを作成します。
https://zapier.com/app/explore

右上の「SIGN UP FOR FREE」から名前とメールアドレス、パスワードを入力します。
170929_03.jpg

4.ChatworkとZapierの連携

いろいろと連携ができるzapがあるので、今回はチャットワークとツイッターを選択します。
170929_04.jpg

「User Tweet」を選択
170929_05.jpg

Usernameに、にゃんちゅうbotアカウントを入力します。
170929_06.jpg

チャットワークに送られるテンプレート作成します。
グループや人、内容などを入力します。
弊社の人柱、松田を選択し、ツイート内容と名前と日付を入れました。
170929_07.jpg

問われるままに答えていき、

これで完成!
170929_08.jpg

おー、送られてる。
170929_09.jpg

最後に

少し寂しいですが、にゃんちゅうからWeb関連のツイートに変更したいと思います。
また、phpを使えば自動で定期投稿できるので、アイデア次第では面白いシステムが作れそうです。
次は定期的にお知らせをするような、バンクトゥbotを作ろうかな。

人見和真
人見和真

フロントエンジニア

Contact

お仕事の依頼やご相談、その他のご質問・ご意見などに関しては
こちらからお問い合わせください。

CONTACT US  >