株式会社リーフ・パブリフィケーションズMen’s Leaf vol.04

BOOKプレビュー

リーフ・パブリケーションズ社が発行する京都・滋賀の月刊誌『Leaf』。『Men’s Leaf』は初の男性をターゲットにしたムック本です。弊社は、創刊号の企画提案から制作編集、取材・原稿執筆、写真撮影、デザインディレクションまでを担いました。年1回発行で現在4号まで発刊されています。

業界・業種 観光
プロジェクト期間 2017年5月〜2017年9月(2017年9月発行)
判型(コード) 体裁 ムック/A4変形/104頁 オールカラー
ソリューション ターゲット分析/デザイン・ブランド比較/コンテンツ企画/アートディレクション/デザインコンセプト設計/ビジュアルデザイン/コピーライティング・取材/写真撮影・制作/プロジェクト管理/

課題

4号目となる『Leaf』の男性版。1号目の発売時と比べ、京都の酒場紹介や男性向けの雑誌が増えていました。そうした競合他者との差別化を図りながら、京都の出版社という「ローカルに根ざす」ことの強みを活かした情報の提供が必要とされました。

また、いまやWebではさまざまな情報が手に入りますが、そのぶん信憑性に欠ける情報が氾濫しており、また、情報の焼き回しが進み「誰が発信したのか」が希薄な記事も多く見受けられます。その反動として、斜陽一辺倒だった紙媒体の価値がじわじわと見直されてきたのも事実。編集がきちんとなされた信頼のおけるメディアとして、本誌をユーザーに届けなければいけません。
 

解決までのアプローチ

まずは雑誌に限らず、世間の人気を博している媒体を精査しました。その結果、テレビ番組で、2017年の視聴率が11〜16%と常に高い数値を誇る『ブラタモリ(NHK)』や、深夜番組ながら8%越えという高視聴率を記録したマツコ・デラックス主演のバラエティ『夜の巷を徘徊する(テレビ朝日)』の人気に着目しました。かたやローカルごとの土地の成り立ちや歴史をひもとき、かたやローカルに住まう一般人のありのままの姿に寄り添う……。

ひもとく情報に違いはあれど、ふたつの番組の共通項は「街を歩きながらローカルに潜在しているニッチな情報を紹介」しているいわば「街ブラ」系のコンテンツです。そうした「街ブラ」系コンテンツを、しっかりと事前リサーチやオーソリティーのチョイスを吟味したうえで、編集の目がすみずみまで行き届いた紙面を制作するのが良いと考えました。

そこで今回『Men’s Leaf VOL.04』では「ローカル」「街歩き」「酒場」をキーワードに、街歩きの達人から京都在住のDJ、祇園の老舗バーのマスターなど、京都の街に根ざした人物をアサインすること、実際に街を巡って発見した一次情報を濃密かつ丁寧に発信することに注力。


「祇園の路地探検×酒場紹介」や「京極という地名を街ブラ×酒場紹介」など、エリアに紐づくコンテンツをフックに、点と点の店舗紹介ではなく、面=鳥瞰図的な角度から街を捉え、読者に紹介するページ構成をおこないました。
 

 

成果

初版80,000部のうち、発行開始3ヶ月で約6割近くの販売を記録。京都以外の方からの反響も多く、例年に比べAmazonでの購入増。男性はもちろん女性でも購入しやすい誌面内容から、若年層や女性読者が増大しました。

全体的を通じて、雑誌媒体としては驚異的な売上げとなりました。

また、通常あまりローカル雑誌の感想などはTwitterなどSNSにアップされることが少ないのですが、Twitter、Instagram、Facebookサーチでも、過去に類を見ないほどの反響があったのも特徴です。

プロジェクトチームのご紹介

競争から共創へ。
弊社では、クライアントと受託会社、制作会社と
外部パートナーといった垣根を越え、
プロジェクトごとに最適なチームを編成しています。


制作チーム

光川 貴浩
光川 貴浩代表/編集者

弊社の持ち味である「飛び道具」的な企画力と、京都という土壌が持つコンテンツをうまく掛け合わせた個性的なページが続く盛りだくさんの1冊になったと思います。Leafの社員のみなさんからもとても好評いただいたのも大きな手応えです。最新号もけっこうヤバいつくりなる予感!乞うご期待!

平山 靖子
平山 靖子編集者/ライター

制作のピークが6〜8月だったのですが、マジで今年の夏を満喫した記憶がありません。この制作が終わったら何故か夏も終わってた。なんで?とにもかくにも街を歩いて人に会って、生の情報に体当たりし続けた1冊です。こないだ読み返したら、手前味噌ながら面白すぎてびっくりしました。


外部パートナー

まいまい京都 以倉敬之 紙面協力


クライアント

株式会社リーフ・パブリフィケーションズhttps://www.leafkyoto.net/

Other Works

関連事例

Contact

お仕事の依頼やご相談、その他のご質問・ご意見などに関しては
こちらからお問い合わせください。

CONTACT US  >