Services

バンクトゥは京都に拠点をおく制作会社です。
デジタルとアナログを越境する「編集力」で、
コンテンツのベストなかたちを追求します。

新旧メディアのいずれに偏ることなく、
情報の気質にあわせて、最適な「乗り物」を選び、
受け手のもとに届けることを心がけています。

4つのサービス領域

Strategy

これまで数多くのコンテンツ制作で培ったクリエイティブの
観察眼を活かしつつ、経営やメディアの戦略に直結する
総合的なコンテンツのプランニングをサポートします。

Strategy.jpg
  • リサーチ & データ分析Reserch & Data Science

    Webニュースメディア、オウンドメディアやソーシャルメディア、シリーズものの書籍や雑誌など、長期的な視点に基づいたメディアのコンテンツプランを設計します。また、クロスメディア戦略による多角的なアプローチをご提案します。

  • 広告・広報のプランニングAdvertising Planing

    企業や組織が訴求したいメッセージを、生活者に届けるためのサポートをします。戦略の立案から、ペルソナ設計、メディアや広告媒体の選定、コンテンツ制作まで、生活者との橋渡しを行うための最適なプランをご提案します。

  • コンテンツ戦略の設計Content Strategy

    Web解析、トレンドや顧客データなどの調査を元にしたアナリティクスの活用。一方で、アンケートやインタビューなど、生活者の定性的なリサーチ。2つの分析手法から、メディアやコンテンツの方角を正し、ビジネスの課題解決に役立てます。

Experiences

いま、生活者はあふれる情報からコンテンツを選別し、
リアルな体験を重視する傾向にあります。コンテンツと
体験を連動させ、コミュニケーションを最適化します。

02_Experiences.jpg
  • UXデザインUX

    生活者の潜在的な意識や感情・行動をリサーチし、製品やサービスを利用した時に得られる経験のすべてをデザインします。機能や操作性、見た目だけでなく、利用したときの体験価値や満足度を最大化する、行動のデザインを定義します。

  • 集客・販促支援Promotion Creative

    Webや紙媒体、デジタルサイネージ、インタラクティブツールなど、多元的なメディア体験を組み合わせることで、集客や製品・サービスの販売を支援します。また、営業用ツールや社内マニュアルなど、行動を強化するサポートも担います。

  • イベントマーケティングEvent Marketing

    イベントにおける会場の装飾やプレゼンテーションのデザイン、プログラム内容のコンテンツ企画をサポートします。メディアで培った”伝える力”を、ダイレクトなコミュニケーションの場においても発揮し、体験価値の向上を図ります。

Products

メディアは、そのプロダクトの形体自体がメッセージをもち、
ときにコンテンツを規定します。目的に応じて、どのような
「乗り物」で情報を届けるかをご提案します。

Products.jpg
  • 書籍・雑誌制作Book & Magazine

    紙媒体では重層的なストーリー構成と動線設計に軸をおき、情報の一時的な消費に終わらず、本棚に残しておきたくなるようなプロダクトとしての価値を追求します。また、流通や販売チャネルを意識した造本設計を心がけています。

  • Webサイト制作Website

    Webサイトはブランドの"顔"であり、継続的・双方向的な関係を構築できるメディアです。運用に重きをおいたCMSの提案や、ユーザーのサイト内の行動を念頭に置いた構造設計、表示速度や操作性の心地良さを大切にしています。

  • パッケージ制作Package

    製品の販売を大きく左右するパッケージデザインを中心に、販促ツール、什器、ノベルティグッズなど、その周辺も含めたSPツール全般のデザインを手がけています。チャネルとWebを連携したO2O型のサービス提案も可能です。

Content Creation

良質なコンテンツをいかにつくるか。それはクリエイターが
一個人として、日々の暮らしのなかで磨いた感性から、
時流の機微を嗅ぎ分けることで生み出せると考えています。

Content Creation.jpg
  • コピーライティングCopywiting & Scription

    フローなWebニュースの長文記事から、ストックされる企業のブランドコピーまで、幅広いテキストを制作しています。情報の受け手の知識量や文脈への理解、文字の響きやリズムを問いながら、共感とわかりやすさが両立した言葉を抽出します。

  • 映像ディレクションPhotography & Movie

    写真や動画などの映像のディレクションは、光と影、構図や色彩、動きや音など、多元的な情報量の選別を瞬時に行う意思決定の連続です。メディアの進歩が激しい昨今、映像の消費スタイルと、多様化する表現をつなぐ力が問われています。

  • ヴィジュアルデザインVisual Design

    デザインは感覚言語の側面があり、「かっこいい」「やさしい」といった感性的経験を、文字と図像を操って視覚化し、課題解決の手段としてコントロールできる力です。「感じる力」をもって、コミュニケーションの起点をつくります。

Works

新旧メディアのいずれに偏ることなく
最適な「乗り物」にのせて届けます

Contact

お仕事の依頼やご相談、その他のご質問・ご意見などに関しては
こちらからお問い合わせください。

CONTACT US  >